ホワイトセージ

ホワイトせージ

邪気を追い払う!ヘルムスショップのホワイトセージについて

最近落ち込んでいたり、体調が優れない…そんなときはお香を焚いて、気分をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。 特におすすめのお香が、空間や物を浄化する効果のある「ホワイトセージ」。
カリフォルニア州より、直接ホワイトセージを仕入れている弊社では、単価を抑えるのはもちろんのこと、品質にもこだわっています。輸入したカートンの状態では、基本的に品質は良いものの、やはり自然のものですので、ゴミや色の悪いセージが混在していることがあります。 その為弊社では、ホワイトセージを製品化するに辺り、ゴミや色の悪いセージなどはスタッフが丁寧に選別しております。一般的に枝つきのクラスタータイプ、葉のみのリーフタイプを中心に製品化します。 保存やパッケージ方法についても、もちろん湿気に弱いハーブですので、天気の良い日に天日干しをしたり、シリカゲルなどの乾燥剤は商品・在庫にも入れて、常に品質を保っています。定番パッケージの4種類の他、100g~9kgまでの、 大変お買い得パックもご用意しておりますので是非ご覧ください。

ホワイトセージとは

  • whitesage_img1
  • whitesage_img2
  • whitesage_img3

ホワイトセージとは、シソ科のアキギリ属に分類される植物です。冬に枯れても根の部分だけは生き残って、再び成長して開花する多年草として知られています。葉が白い粉を吹いたような状態であることから、ホワイトセージという名前で呼ばれるようになったそうです。

ホワイトセージの葉っぱを擦ると独特の香りを発することから、古来からネイティブアメリカン達の神聖なセレモニーで使用されてきました。したがって、ホワイトセージはあまり食用として用いられることはなく、アロマ用のセージであるということになります。

ホワイトセージは現在でも、お香として焚くと

*邪気を振り払う
*人や空間、物、パワーストーンを浄化する

といった効能があるとされています。

また、自然治癒力を高め気持ちをリラックスさせるなど、健康にいい効果もあります。具体的には、血圧を下げたり、脳を刺激して消化吸収の力を高めたりすることがあるそうです。

ホワイトセージの効果でよく言われるのは、「パワーストーンの浄化ができる」というものです。パワーストーンの浄化とは、石のエネルギーをホワイトセージの煙によって一度リセットし、再び力を発揮できるようにすることです。

※浄化をするタイミングについて

一般的には、一ヶ月に一度ほど良いとされています。こまめに浄化することによって、天然石の本来もつパワーが回復されるといわれています。

浄化方法の手順 ~ホワイトセージの煙とともに邪気を振り払う方法~

  • ①耐熱容器の上にホワイトセージをのせ点火
  • ②火がついたら火を消して煙を出す
  • ④煙が消えたら窓を開けて換気

    ※始める前に必ず窓を閉めましょう
    ※妊娠中の方や薬を服用している方にはおすすめできません

  • ③煙に浄化したいものをくぐらせる

さて、空間や人、パワーストーンを浄化するためにホワイトセージを利用する際にはどういった方法を取ればいいのでしょうか。

何かを浄化したい場合は、ホワイトセージを束状にした「スマッジスティック」を用いるのが最適ですが、葉っぱのままでも十分に効果を発揮しますので問題ありません。 スマッジとは英語で「燻す」ことを指し、立ち上った煙によって空間や物を浄化することをスマッジングと呼びます。

  スマッジングを行うときは、スマッジスティックか乾燥させたホワイトセージの葉のどちらかと、耐熱容器を用意します。まず、耐熱容器の上にホワイトセージを置いて火を点けます。

  しかしそのまま火を点けたままにしてしまうと燃え尽きてしまうので、煙が出るようにすぐに火を消してください。

  ホワイトセージの煙は神聖な煙なので、空間を浄化したいときは、そのまま浄化したい部屋中に煙巡らせてください。また、物であれば煙に数回ほど浄化したい物をくぐらせましょう。

  最後に、自然と煙が消え始めたら窓を開けて空気を入れ替えてください。これによってホワイトセージの煙とともに邪気が追い払われると言われています。

  パワーストーンを浄化したい場合は、30秒から1分ほど、煙に当て続けるといいでしょう。定期的に浄化を行っているといった場合には、30秒ほどで構いません。不安なようなら、もう一度スマッシングを行うことも可能です。

  なお、ホワイトセージは様々な成分を含んでいるため、妊娠中の方や薬を服用している方にはおすすめできません。注意してくださいね。

ホワイトセージの種類と選び方

ホワイトセージには手間いらずのルーズリーフタイプ・確実性のあるクラスタータイプ・凝縮させたミストタイプがあります。

  • ①ルーズリーフタイプ

    葉っぱだけを取り出したもの。 稀に違う葉が混じることもあり品質にムラあり。

  • ②クラスタータイプ

    茎と一緒に袋に詰められており品質が高い。しかし茎から一枚ずつ切り離す必要がある

  • ③ミストタイプ

    ホワイトセージのエキスをスプレーに詰めたもの。火を焚く必要もなく「シュッ」とひと吹きするだけで浄化ができる。

アロマ用のホワイトセージは、通常、天日干しして乾燥させた状態のものを袋に詰めて販売するという形態が主流です。その中で、葉っぱのみを袋詰めしたものを「ルーズリーフタイプ」、茎ごと袋詰めしたものを「クラスタータイプ」と呼びます。

使いやすいのは葉っぱだけのルーズリーフタイプですが、こちらは稀にホワイトセージでない葉が混入するという欠点があり、品質にムラが出ます。 クラスタータイプは茎と一緒に袋に詰めてあるため、一枚一枚自分で茎から切り離す必要がありますが、他の葉が入っているということはありません。手間いらずのもの、確実なもの、どちらがいいか好みに合わせて選びましょう。また、気軽に浄化をしてみたいという方には、ホワイトセージを凝縮させたエキスをスプレーに閉じ込めたミストタイプもあります。

ホワイトセージで浄化して心をリフレッシュ!

以上、ホワイトセージの効能やそれを用いた浄化の方法について解説しました。ホワイトセージは浄化だけでなくお香としても効果があり、リラックス作用や、健康増進などが期待できます。最近疲れている、体調が優れないという方はぜひホワイトセージを焚いて、充実した毎日を送りましょう。

ホワイトセージの詳細はこちら
ホワイトセージミストはこちら
並び替え
表示切替
 1 - 9件目(全9件中) 
1 - 9件目(全9件中)

おすすめ商品