星型多面体について

多面体の面を尖らせると、金平糖のような星型多面体という形になります。 数学者・天文者であり、占星術にも長けていたドイツ人学者ケプラーが発見した立体です。

マカバについて

星型八面体 ステラ・オクタングラ

六芒星を立体にしたと考えると分かりやすいかと思います。
正四面体が2つ合体した形で、各正四面体が男女・陰陽などを表し、合体することで完璧な形といわれています。
マカバという名前は古代エジプトが発祥で、その頃から生体エネルギーの統一された形として考えられています。


  マカバの商品ページはこちら

星型十二面体 について

ステラ・ドデカヘドロン(ラテン語で10はデカ、12はドデカ)

☆型を立体にしたと考えるとわかりやすいと思います。
星型五角形(つまり☆)を12枚合体させるとできる星型多面体です。
☆ は五芒星とも呼ばれ、古くからパワーが集まる形とされ、魔除けや願いを込めて描かれています。


    アステロイドの商品ページはこちら

五芒星、六芒星はどちらも昔から願いを込めて使われた形で、エネルギーを集め増幅させると言われています。
立体になることで、より強力なエネルギーを生み出す完璧な形とされています。
数学的にも対称性の高い均整の取れた美しい形で、多面体の安定した形は安心感をもたらし、星型多面体の形は何か心躍るような刺激も受けます。
そして、夜空に浮かぶ星のようであり、コロコロとした金平糖のようである可愛らしさも星型多面体の魅力です。

HOMEに戻る