ヒマラヤ水晶

ヒマラヤ

ヒマラヤ山脈

ヒマラヤとはサンスクリット語で「雪の住処」を意味し、古代から神聖な山々として崇められてきました。 インド、ネパール、ブータン、パキスタン、アフガニスタン、中国の6つの国にまたがり、世界一の高さを誇るエベレストも ヒマラヤ山脈を作る山の一つです。ユーラシア大陸にインド亜大陸が衝突したため、プレートが盛り上がり、ヒマラヤ山脈が出来 たと言われています。(プレートテクトニクス)。そして、現在もプレートは動き、ヒマラヤ山脈は少しずつ高くなっています。

map

インド・ヒマラヤ

インドの西北、ネパールや中国・チベット地区との国境近くにあるヒマチャル・プラディッシュ州はインド・ヒマラヤと呼ばれます。 ヒマチャル・プラディッシュは「雪に覆われた山地」を意味し、その名の通り山々は一年中雪に覆われています。 一年中雪に閉ざされていますが、ある時期だけ登ることを許され、過酷な環境の中で採掘者はひとつひとつ手で水晶を掘り出し、山から降ります。 主にクル渓谷から採掘されますが、その近辺であるパールヴァティ渓谷やバシール山などからも採掘されています。 聖地ヒマラヤの水晶は神そのものであり、近づいてくる邪悪なものや苦難を幸せに変えてくれると言われています。

採掘現場の画像はこちら

並び替え
表示切替
1 - 40件目 (全198件中) 次へ »
1 - 40件目 (全198件中)

おすすめ商品