【勾玉】勾玉 セラフィナイト Mサイズ 約34x17x11mm

勾玉 セラフィナイト Mサイズ 約34x17x11mm 

勾玉の歴史は非常に古く、古来より不思議な力が宿るとされ、あらゆる災難を払い、魔除けや厄除けのお守りとして、身につけられてきました。 曲がった形をしているので「勾玉(まがたま)」と呼ばれる説が有力です。
神話の時代にスサノオノミコトがヤマタノオロチを退治した後、「勾玉」をアマテラスオオミカミに献上された事により、いわゆる三種の神器の一つ「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」として言い伝えられています。

勾玉の形の由来としては、頭の部分が太陽,尾の部分が月を表しているとされています。
この太陽と月が重なりあった形は大いなる宇宙を崇拝していたとされ、穴には祖先とのつながりを持つことにより、我が身に降りかかる邪気・邪霊から身を守り、その恩恵を受けたとされています。

最近では、勾玉が胎児の形状に似ている事から、出産を控えた女性より安産のお守りとして人気があります。

弊社の勾玉は、海外メーカーにて石、色、形状など様々な詳細部分を指定して作成したこだわりの勾玉となります。装飾アクセサリーの1部、またはお守りとして販売に役立ててください。


濃淡の美しいマーブル模様が魅力的なセラフィナイトの勾玉です。

セラフィナイト
和名:斜緑泥石
英名:seraphnite
色:緑、不透明
鉱物名:クリノクロア 緑泥石グループ
産地:ロシア連邦、シベリア連邦管区、コルシュノフカ鉱山(バイカル湖近く)
アピール:深緑の中に浮かぶ真珠光沢の白いマーブル模様

和名の名前の通り緑泥石グループで、泥状で産出されることが多いです。
クロム鉄鉱と一緒に産する時は絹糸光沢で、その模様の美しさは最上級の天使で8枚の羽根を持つ熾天使(セラフ)の羽根に例えられています。
断面は円心状に絹糸上の模様が入るブドウ状結晶です。
彫刻やビーズなどに研磨されますが、硬度が2~2.5と爪でも傷が付いてしまうほどなので取り扱いには注意が必要です。

    商品情報

商品管理番号629
サイズ約34x17x11mm
注意事項※写真は現物品となります。
※モニターの環境により多少の色味の違いがあります。
※純粋な天然石ですので多少の欠けやヒビが入っている場合がございます。
※サイズ、重量には誤差がある場合がございます。
※在庫表記が0、または表記以上の数量が必要な場合はお問合せください。
※価格表記について、参考上代と下代(卸値)の商品がございますが、弊社管理の為、ご了承ください。
※営業持ち出し商品の場合は、品切れの可能性があり、在庫確認や出荷などにお時間を頂く場合もございます。
内訳 販売価格
(単価 × 入数)
注文数

629

品番:1682-M
2,000円
会員のみ公開 ご注文には ログインが必要です。

関連商品