ブラジル買付日誌 No,3 ~ジアマンチーナ~

ジアマンチーナまでの道のりと、ジアマンチーナの風景
ミナスジェライス、コリントの街より車で約2時間。大草原の中を車で駆け抜けていると、突然このような岩山が存在します。
恐らく隆起でこのようになったと思われますが、ぽつんぽつんと点在している事に、不思議な魅力を感じます。 点在する岩山は200m以上の高さがあると思われます。

ジアマンチーナまで続く道。
基本的には小道が多いですが、この様にいかにも大陸的なストレートな道が地平線まで続きます。この土地特有のパンの様な岩が出現してきます。
ここら辺までくると、地球から湧き上がってくるパワーのようなものを感じます。

ミナス・ジェライスは世界で有数の鉄鉱石の産地です。
その鉄鉱石を精錬するためには大量の石炭が必要なので、トラックの荷台に目いっぱいの石炭を積み、ノロノロと走っています。ミナスでは日常的に見られる光景で、このために道路は凸凹になってしまいます。

ジアマンチーナの町並み。周囲を山に囲まれた窪地のような所に町並みが広がっています。標高は2000m前後あり、ここまで辿り着くまでにはいくつもの山を越えなくてはなりません。

ジアマンチーナはかつて、ダイヤモンドラッシュがあった街。
人々は美しいダイヤモンドで一攫千金を夢見て、この地に集いました。
ジアマンチーナは賑わい、ミナス・ジェライス州の州都となりました。しかし、ダイヤモンドの採掘が殆どなくなると、人々はジアマンチーナから去り、州都も今はベロ・リゾンBeloHorizonteに移りました。かつての賑わいは無くなりましたが、近代化の波に揉まれなかったため、町並みは昔のまま残されています。どこまでも続く石畳、白い壁と赤い屋根の家々、たくさんの教会。伝統的なポルトガルの古き良き町並みを思わせます。

ジアマンチーナ産水晶の商品はこちら

ブラジル買付日誌 No,4 ~水晶採掘現場~へ

※画像・文章の無断転記禁止。

HOMEに戻る