ブラジル買付日誌 No,2 ~ミナス編~

ミナスジェライス州に到着したら、コリント・ジアマンチーナなどの街へ移動し、メーカーさんを数多く廻り買付を行います。
世界最大の水晶の産地ゆえ、採掘現場から仕入れた商品が、水晶を中心に各メーカーさんに大量に陳列しています。 以下、ほんの一例をご紹介します。





水晶関係のポイント、丸玉、ピラミッド、レーザー水晶。。非常に高品質な丸玉です。
天然石の水晶が多いといっても、ガーデンなどの種類、グレードの違いなど、様々に商品はあります。
きれいな商品が多いので、目移りしてしまいますが、まずはお目当ての商品を選び価格交渉をします。
難しいのは、お目当ての商品が色々なメーカーさんにあると、品質や価格チェックを比べるのが大変で、バイヤーの厳選した目や、この商品なら売れる!といった判断力が重要となってきます。
そして、ブラジルは基本的に、LOT買いが多く上記トレイに入った状態でいくら、というパターンが多いですが、中には在庫全部ではないとこの値段にしない!などと簡単に言われます。
こちらも、現地の言葉(ポルトガル語)が分からないのをいいことに、ジェスチャーや同行バイヤーさんの通訳を通して交渉。それでも、弊社と親交のあるメーカーさん達が多いので、最後は協力していただけます。

次は、ミナスの買付メインのトマスゴンサガ産水晶の買付へ。

こちらのメーカーさんは、トマスゴンサガ産水晶の専門店。
とにかくきれいで高品質なクラスターが大量に!圧倒されます!いくつもグレードがあり、交渉も難航しますが、こちらも、わがままを聞いていただき、価格交渉と品質チェックを終えました。
水晶のクラスターは採掘した状態では、汚れが付着したままです(※下記参照)



現地のメーカーさんはその状態で仕入れ、自社で汚れを落とす作業をします。
こちらはミナスでも随一といわれるほど、汚れ落としの名人です。
汚れの落とし方というと、下記の状態の水晶をいわゆる酸のようなものに、数か月付け置きするそうです。 採掘現場から考えると、日本に来るまで最低半年は必要ですね。
ミナスジェライス州は、港までが遠方という事や国の内部規制などの事情もあり、買い付けた商品はドラム缶に丁寧に梱包され、エアー便にて弊社に入荷します。

ブラジル現地にて、1点1点厳選した水晶をお求めになるには、卸販売・卸問屋ヘルムスショップまでご注文おまちしております。

水晶の商品はこちら

ブラジル買付日誌 No,3 ~ジアマンチーナ~へ

※画像・文章の無断転記禁止。

HOMEに戻る